Knit Artist

​Hitomi Nakamura

1977年、東京で生まれる。
大学卒業後、外資系企業で働くが、26歳で転機し、幼少の頃から大好きなニットや物作りの世界で働きたいと思い、東京ニットファッションアカデミーに入学。


卒業後、日本のアパレル企業に入社するが、さらなる刺激を求めてニットの本場、イタリア・ミラノへ単身渡伊、活動する。


”ニットの魔術師” Giulliano Marelli氏に推薦を受け、日本人で初めてイタリアのニットファッション雑誌「BENISSIMO」の表紙を飾る。

2015年より着物とニットをコラボレーションした「Giappoknit」(ジャポニット)のコレクションをスタートし、世界に日本文化の素晴らしさを発信。
2015年には、リトアニア大使館主催の展示会イベント「Japan Design Week」に招待デザイナーとして参加。
2016年には、フランスで「Giappoknit」のファッションショーを開催。

2018-2020年、杉野服飾大学の非常勤講師を務める。

 

数多くの海外での活動のほか、「粋人~大人の粋な愉しみ方」にTV出演。

ニット技術の指導も行いながら、幅広く活動する。

Company

株式会社kiela(キエラ)

​代表取締役 中村仁美

2008年、filo di luce(フィーロ・ディ・ルーチェ)設立

filo di luceはイタリア語で”光の糸”という意味。イタリア輸入糸を使った手編みニットを販売

2010年、株式会社kiela(キエラ)設立

filo di luceという会社名が覚えにくかったようで、株式会社へ移行の際、kielaに変更

”作品をお客様に「喜」んで頂き、「笑」顔と共に人生を「楽」しんで頂きたい”

その思いから、「喜(き)」「笑(え)」「楽(ら)」→ kiela と名付けました

私たちにとって「本当の豊かさ」とは、「喜びと共に毎日を笑顔で楽しめること」だと考えております。

blog: Hitomi Nakamura (ameblo.jp)